精密根管治療ブログ

  • vol.9 え、また?同じところの根の治療のやり直し?本当に必要なの?

    みなさんには、こんな経験はありませんか? 

    歯医者さんに治療に行ったら、以前に治療をした歯の「根の治療のやり直し」を提案された経験はありませんか?

    そのときに「痛みもないのに、それって本当に必要な治療なの?」と思ったことはありませんか?

     

    根の再治療を提案するタイミングとは? 

    歯科医療者の目線からお伝えすると、根の再治療は、新たに被せ物などを入れる前に、根の中が見えるタイミングでご提案することが多くなります。

    実際に当院でもレントゲンを見た際に、キレイに根管治療ができていなかったり、根の先に膿がたまっているなど、予後に不安を感じてしまう場合には、根の再治療をご提案するケースがございます。

     

    根のトラブルは、被せたセラミックの歯も共倒れになるリスクがある。

    根管治療の処置が心配な歯の上に、セラミックなどの高価な被せ物をつくろうとする場合は、とても予後が心配になります。根管治療がしっかり出来ていないと、根の先に膿が溜まったり、歯肉が炎症を起こして腫れたりする場合があります。その場合は、根の再治療をするために上に被せたセラミックも一緒に取らなければならなくなります。まだ長持ちするはずだったセラミックの被せ物や詰め物も外し、根の治療をしてからまた新たに被せ物を新製するのは、患者さんの気持ちになるととても心苦しいのです。(セラミックを外さないで、外科手術を選択できるケースもございますが、患者さんのお身体に負担をかけることになります。)患者さんにそのリスクを負わせたくないため、歯科医院では、被せ物の治療をする際に、根管治療も一緒にご提案する場合があるのです。

     

    50代・女性患者さん「根尖病巣で、根を再治療した例」

    実際に、こちらの50代・女性患者さんは、被せ物を装着した後に2年してから、根の先に「根尖病巣」ができてしまい再治療をすることになりました。このように後々、患者さんに費用面での負担や、体力面での負担がかかってしまうことをなるべく防ぎたいと思うのです。

     

    きちんと説明。同意の上で診療を進めます。

    しかし歯科医師が説明不足だと、往々にして患者さんからは「治療を余計にやって多く代金を取ろうとしているのではないか?」とか、「治療を引き延ばせてボッタくろうとしているのではないか?」などと疑念をもたれてしまうことが少なくありません。しかし、当院ではそのような患者利益に反することは絶対に行いません。きちんと説明をさし上げた上で、同意の上で診療を進めておりますので、安心して診療をお受けいただければと思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

  • vol.8 「奥歯が膿んでしまう。原因を知りたい」60代女性の症例

    数年前に、他医院で治療したブリッジ

    数年前に他院にて治療した奥歯のブリッジが、今までにない痛みとなり、膿と腫れがひどくなったため、市販の痛み止めに頼り、数日間クスリを飲み続けていた60代の女性患者さんのケース。

     

    治療した歯科医院を受診したが、経過観察と言われた

    治療した歯科医院を受診したところ、

    抗生物質の処方のみで、経過観察と言われ、

    納得のいく回答をいただけなかったため

    当院を受診されたとのことでした。

    経過観察が妥当なのか? 

    他の治療方法等があるのか?

    とにかく詳細な検査をして

    原因を知りたいとの希望でした。

     

     

    レントゲンで見ると、4番目の歯ぐきが炎症

     

    マイクロスコープで根を見ると、根が割れていた。

    口腔内診査とレントゲンからは原因が特定できず、ブリッジを外して、マイクロスコープで根の中を確認すると、根にヒビが入り割れているのを確認。腫れと膿みと痛みの原因が特定できました。

     

    肉眼の24倍の拡大率で、きちんと原因特定できたケース

    もちろんすべてのケースが、マイクロスコープで解決できるわけではありません。しかし、肉眼以上に細部まで拡大して見ることができるため、これまで肉眼で見落としていた原因を見つけることができる確率は格段にあがります。

     

     

     

     

     

     

  • vol.7 根管治療「折れたファイルの撤去」40代女性の症例

    もともと、他の主訴で来院された40代女性患者さん

    レントゲンを撮影した時に、

    過去の治療で、根の中に取り残されたままの根管治療器具(歯科用ファイル)が写っており、

    患者さんの希望により取り除くことになりました。

     

    レントゲン画像と、実際画像

    下図左:レントゲンでは、横から撮影しているため、白く細く長く写っています。

    下図右:マイクロスコープ24倍で、上から見た画像は、歯質の中に、金属の破折断面が点で見えます。

     

    超音波で振動を与えながら、浮かせて取り除く

    歯の中に取り残されていた、破折した根管治療器具(歯科用ファイル)が

    少しずつ抜けてきたところです。

    写真は高倍率のため、大きく見えますが、

    実際には針の先端ほどの細さです。

    そのため、裸眼では見えません。

    取り除くには、

    やはりマイクロスコープ(手術用拡大鏡)を使用して

    拡大倍率での視野下が必須になります。

     

     

     

     

     

  • vol.6 根管内は細く曲がりクネっている

     

    根管内は、とにかく狭い!細い!

    指先よりも小さい

    歯の根の中(根菅)ですから、

    狭いのは当然ですね。

    その中は、針の先のように細く

    先端付近は毛細血管のように

    曲がりくねっていることもあります。下図参照

     

    微細な環境下での治療だから、マイクロスコープは必須

    歯の根の治療とは、

    このような微細な環境下での治療になりますから、

    やはり肉眼では当然見えないですし、

    指先の感覚だけを頼りにしての治療には限界があります。

    歯科用のマイクロスコープが誕生した今日、

    根幹治療は、やはりマイクロスコープを導入している

    歯科医院での治療をオススメいたします。

     

     

     

     

  • vol.5 隣の歯の「ギザギザしているモノ」見えますか? 60代男性の症例

    レントゲン画像より、もう1つ気になった箇所

    右上の奥から2番目の歯(第一大臼歯)の治療のために

    来院された60代の男性患者さん。

    デジタルレントゲンをお見せしながら現状を説明をし終えた。

     

    そしてレントゲンを見て、もう1つ気になった箇所があった。

    主訴ではなかったが、患者さんのためには

    それもお伝えしておいたほうがいいと思った。

     

    ここに、ギザギザした白いモノみえますか?

    患者さんに指をさして見せたのは、治療する歯の「隣の歯」

    隣の歯の根っこの先端に「ギザギザした針のような白いモノみえますか?」

    私の指の先に、男性患者さんの目は釘付けになった。

    患者さん「コレはナニ?」

    「これは恐らく、以前治療した時に、治療途中で折れて取れなくなってしまった根の治療で使う器具だと思われます。」と伝えた。実物をお見せすると、患者さんは急に不安そうな顔になられた。

    患者さん「このままで大丈夫なの?」

    「根管治療ではよくあるケースで、滅菌して使用される器具なので、今のところ問題は起きていないのでこのままでも大丈夫ですが、気になるようでしたら、当院ならマイクロスコープがあるので、それを使って取ることもできますが、取りますか?」

    患者さん「取ってもらいたいです。」

    主訴の治療と一緒に、

    隣の歯の根の治療にも着手することになりました。

     

    根の中に取り残された、折れた治療器具の撤去開始!

    従来の歯科の常識では、

    根管治療を裸眼で実施していたため、

    万が一、治療器具が折れた場合に

    裸眼では「どうしても見えなかった」ため、

    放置するしかありませんでした。

     

    しかし、マイクロスコープ(手術用拡大鏡)を使用することで、

    裸眼では絶対に見えなかったものが見えるようになり

    より精密な治療ができるようになりました。

     

    マイクロスコープ24倍なら、こんなによく見える!

    マイクロスコープ・拡大率24倍なら、

    根の中で折れた、針の先ほどの治療器具も、

    下記写真のように見えるので、

    取り残された治療器具の撤去が可能です。

    精密な治療をお望みなら、マイクロスコープのある当院へ

    当院では、保険適用内で、マイクロスコープを使用して、

    精度や品質にこだわりをもった治療を行っております。

    近年になり、やっと導入する歯科が増えてきましたが、

    まだまだ一般歯科では浸透していない状況です。

     

    「抜歯が必要!」「根の治療が必要!」と言われた。

    「歯ぐきが腫れて痛い!」

    こんなときには、

    マイクロスコープ治療を導入している当院に、お気軽にご相談ください。

     

     

     

     

     

     

     

     

  • vol.4 肉眼では見れない、マイクロスコープから見える極小世界

    マイクロスコープから見える、極小世界

    マイクロスコープを使って、歯の根管の中を見ると、

    下図のようによく見えます。

    私も長く歯科医師を続けてきましたが、これは肉眼では絶対に見れない情景です。

     

    アメリカでは、根管治療の専門医はマイクロスコープがないと治療できない。

    歯の根管は、狭い口の中にあり、小さい歯の中にある極小の世界。

    アメリカ国で根管治療を行う専門医は、

    マイクロスコープ(手術用顕微鏡)がないと治療をすることができないというのが実情です。

    そのため当院では、著しく成功率を高くしている北米・特に先取性の高い西海岸のシステムを導入しております。

    治療する歯を、再治療なく、長持ちさせるためには、

    土台となる根管治療は、より精密であることが望ましいです。

    マイクロスコープを使った根管治療をしている歯科医院への受診をオススメいたします。

     

     

     

     

     

     

  • vol.3 過去の根管治療の「やりなおし治療」が必要だった症例ケース

    「前歯がすごく痛い!」40代女性の症例

    「前歯がすごく痛い!」と訴えて、Hさん(40代女性)が初めて当院に来院されました。

    すぐにレントゲンを撮影して、内部を診察してみると、過去に治療された前歯(側切歯)の根の尖端周辺に病変を発見細菌感染により、歯を支えている骨の吸収(溶ける)が大きいのがレントゲンからわかりました。

    以前に根管治療をされた部位が原因のため、被せ物はまだ使えるのに内部にトラブルが起きているため、もったいないですが被せ物をバーで削り取り、根管治療のやり直しが必要となるケースでした。マイクロスコープを使った精密な根管治療で、中の病変をキレイに取り除き、薬剤で根管内を殺菌・洗浄。同じことが起こらないように、数回に分け約1ヶ月ほどかけて根管内を念入りに殺菌したあとに、根管内に樹脂を充填しました。(下図参照)

    ”精密”根管治療から1年、骨が再生してきた!

    ”精密”根管治療が完了した直後は、まだ骨が吸収(骨が溶ける)している状態でしたが、根管治療から一年後のレントゲンでは、根の周囲の吸収していた骨(黒い部分)が消え、骨が再生されているのがわかりました。きちんと精密な根管治療を実施することで組織が再生してきます。

     

    6年が経ち、「治療部位」も「骨」も安定!

    Hさんは、根管治療をされた後も、予防のために定期的なメンテナンスに来院されています。治療から6年経過し、久しぶりに治療箇所を確認させていただきました。根管治療の部位も、再生された骨の状態も安定していました。

     ”精密”根管治療なら、歯も歯周組織も長持ちします!

    マイクロスコープを使う”精密”根管治療なら、歯も歯周組織も長持ちします。健康な状態を続けるためには、きちんとした精密な治療と、定期的なクリーニングでご自身の歯をいつまでも大切にしましょう。

     

     

     

     

  • vol.2 根管内は「狭くて、暗くて、見えにくい」。だから根管治療にはマイクロスコープが必須です!

     

    口の中は、”狭くて、暗い”

    当たり前の話ですが・・・

    口の中は、”狭くて、暗い”のです。

    そのため、照明を口の中に当てて治療をしますが、

    奥歯のほうは、やはり暗くなります。

     

    小さな歯の根っこ治療は、更に「狭くて」「真っ暗!」 

    根管治療は、

    顎の骨に埋まっている部分の

    歯の根っこの中の治療です。

    そのため、

    狭くて、暗い。

    根の中は、裸眼では見えません。

     

    マイクロスコープ(手術用顕微鏡)治療なら、よく見える!!

    これまでの歯科医療は、

    裸眼で見えない中を、指の感覚と経験をたよりに治療してきました。

    マイクロスコープ(手術用拡大鏡)を使った歯科治療なら、

    著しく成功率をあげられるようになりました。

    マイクロスコープは「見え方がまったく違う!」

    マイクロスコープがあれば、

    口の中の同じ部位を見ても、裸眼と全く違います。

    細部まで見て診療できるため

    精密な治療が可能です。

     

    「抜歯が必要!」「根の治療が必要!」と言われた。

    「歯ぐきが腫れて痛い!」

    こんなときには、

    マイクロスコープ歯科治療を導入している歯科医院への受診がオススメです!

     

     

     

  • vol.1 「歯ぐきが腫れて痛い」50代女性の症例

     

    ”   歯ぐきが腫れて痛い ”    を訴えに、

    50代・女性患者さんが初めて当院を受診されました。

     


    2年前に、他院で「根の治療をしたところ」

    お口の中を診察してみると、

    右下6番目の歯(第二大臼歯)の歯ぐきが赤くぷっくりと腫れていました。

     

    女性は「2年前に、他の歯医者さんで根の治療をした場所」とお話ししてくださり、

    腫れた箇所の内部状況がわからないので、レントゲンを撮影してみることになりました。

     

    レントゲンフィルムを見ると、根の先の周囲にうっすら黒い影(下図参照)が・・・。

    これが、腫れと痛みの原因

     

    レントゲンに映る、うっすら黒い影とは・・・

    これは根尖病巣(こんせんびょうそう)という症状です。

    根の先に病巣が残っていたために炎症を起こしていることがわかりました。

    以前の根管治療の時に、根の先端まで病巣を取り除けていなかったことが原因でした。

    では、以前の治療が手抜きだったか?

    そう聞かれると、答えはNO!で、そうではありません。

    以前のドクターも最善を尽くされたが

    取りきれなかった様子がレントゲンからわかりました。

     

    根管の中にある「2本の白いもの」の正体!?

    よくよくレントゲンをみていると、

    「病巣の上部に、何か白いものが2本ある」ことに気付きました。

    実は、この「2本の白いもの」が、

    以前のドクターが最善を尽くされた証拠なのです。

     

    根管の中に残った破折したファイル」

    この白いものは何か?

    おおよその見当はついていましたが、

    「2本の白いものの正体を確認する」ために、

    お口を大きく開けてもらい、

    歯の根の中をマイクロスコープを使って見てみました。

    すると・・・やはり、思った通り。破折したファイルでした。

     

    ファイルとは?

    根管治療をする際には、

    虫歯で侵された根管内の(神経)を取り除くために、

    このファイルという器具を使用します。

    ファイルは、針のように細長く凹凸があり

    根管の中を削れる仕様になっています。

    神経は細く複雑に曲がりくねっているため、

    歯質に食い込み、途中でファイルが折れてしまうことは、

    熟練のどんなにうまい先生でもあること(歯科あるある)ですので、

    心配はご無用です。

    *注1:ファイルは完全滅菌されており、歯の中に残された破折ファイルが原因で、
             他にトラブルが起きることはないのでご安心ください。
    *注2:ここでの歯ぐきの炎症の原因は、根の先端の病巣を取り切れなかったこと
              でファイルは無関係です。

     

     

    根管で折れたファイルは、肉眼では見つからない

    ファイルが折れてしまった場合、

    肉眼で見つけるのは、絶対にムリなレベルです。

    なぜなら、肉眼での治療は、

    以下画像のように見えているためです。

    そのため、一般的な根管治療では、

    ファイルを歯の中に残したまま

    封鎖するしか手段がないのが実情です。

     

    但し、ファイルを2本折ってまで、

    どうにか病巣を取り除こうとされた

    前主治医の先生の努力の形跡が伝わってきてました。

     

    マイクロスコープ(手術用拡大鏡)20倍の視野下なら、折れたファイルも見つか

    肉眼では見えない”折れたファイル”も、マイクロスコープ(手術用拡大鏡)を使うと、以下のように”バッチリ”見えます!

    「見える」から、“精密”な治療ができる。

    この破折ファイルが残っている事実

    歯ぐきの腫れの原因について、

    患者さんにきちんと説明をした上で、

    まずは2本の折れたファイルの除去に着手しました。

     

    超音波で振動を与えながら、

    折れたファイルを徐々に浮き上がらせていくと、

    根管内に残された”破折ファイル”を

    2本除去できました。

     

    マイクロスコープの “精密な” 根管治療で安心を!

    次回の診療から、

    根の先端にある病巣を取り除く治療に着手しました。

    ここでもマイクロスコープを使い、

    以前の治療では取り除けなかった

    根管内に残っている病巣をファイルで丁寧に除去。

     

    薬で、根の先端部の病巣が

    少しずつ小さくなっていきました。

     

    様子を見ながら、

    合計4回通院していただいたところで、

    完全に殺菌できましたので、

    根管治療が完了となりました。(下図参照)

    *注:通院回数や期間は、症状や個人差により様々です。
           もっと回数がかかってしまう場合もあれば、少なく済む場合もあります。
           必ずお約束できるものではありませんので、予めご承知おきください。
    
    

     

     

     

    患者さんは、2度ビックリ!

    治療における患者さんの様子をご紹介すると、

    歯ぐきの腫れの原因をお伝えした際に、

    自分の歯の中に破折ファイルが残っていたことに

    まずビックリされました。

     

    マイクロスコープ20倍の画像で

    破折ファイルをご自身の目で確認できたため

    治療への納得感は高く、すぐに治療に着手させていただきました。

     

    そして、

    破折ファイルが取れた時は、

    さらにビックリされていたのが印象的でした。

     

    何より、主訴である「歯ぐきの腫れと痛み」がなくなり、

    たいへん喜んでお帰りになられた姿を見て、

    こちらも医療者としての喜びを感じさせていただきました。

     

PAGETOP