精密根管治療ブログ

  • vol.13 金属を「白くしたい・・・」30代女性の症例

    ずっと白くしたかった・・・

    10年以上も前にいれた、右上の奥歯に入っている金属の詰め物が気になっていて、「ずっと白くしたい!と思っていた・・・」という30代の女性患者さんが来院されました。

    古い金属の周辺は要チェック!

    10年以上も前にいれた金属の詰め物と患者さんから伺ったため、「これは、もしかして・・・」と思い、白い歯の治療を始める前に、歯科用マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使って金属の周辺を念入りに診査しておく必要がありました。そしたら、やはり・・・「むし歯」が進行していました。

     

    古い金属に起こりやすい「2次う蝕」とは?

    2次う蝕(2次的にむし歯ができてしまうこと)は、詰めた金属の劣化や治療精度の低さ、または不十分なプラークコントロールが原因で発生します。金属の劣化が進むと、詰め物と歯との間に隙間や段差ができます。そこにプラークが蓄積した状態が続くと、そこから細菌が侵入してむし歯ができてしまうのです。また、長く使う中で歯質が割れて隙間や段差ができる場合もあります。そのことを当院のドクターは理解しているため、金属まわりは丁寧にチェックしております。

    参考サイト/e-ヘルスネット 大人のむし歯の特徴と有病状況

     

    小さいむし歯は、肉眼では見落としがち

    今回のケースのように、症状はなくても金属の下でむし歯が進行している場合もあります。また、むし歯が小さかったり、気づきにくいケースでは、肉眼では見落とすリスクも高くなります。そのため当院ではマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用した診療を大切にしております。

     

    1日で、念願の白い歯に!

    治療前に2次う蝕が進行していることが分かったため、むし歯治療を同時におこないながら、白い歯に変えることになりました。今回は、むし歯の進行が初期だったため削る範囲も小さく済み、強い力が加わる部分ではなかったため、保険で1日で白くできるCR(プラスチック系)治療を選択されました。念願の白い歯をいれることができ、大変喜んでいただきました。

    白い歯にもいろいろな種類があります。今回の保険でできるCR(プラスチック系)治療は、むし歯が大きく、強い力のかかるところには適応できません。白い歯の素材にはプラスチック系とセラミック系があり、それぞれに長所と短所があります。また保険が適用できる素材と、保険外の素材があります。

    治療箇所や状況によりオススメできる治療法も変わってきますので、患者様のご希望を尊重し、治療法をご提案させていただいております。ご不明な点はお気軽にご相談ください。

     

    金属を入れている方は、特に!メンテナンスを定期的に受けましょう!

    上記で説明させていただいたとおり、金属は2次的なむし歯(2次カリエス)になりやすく、症状がなくても進行している場合があります。3〜6ヶ月に一度は、歯科衛生士による定期的なメンテナンスとクリーニングによる予防受診をオススメいたします。症状がなくても、チェックを目的にご来院されている患者さんもたくさんいらっしゃいます。お気軽にお問い合わせください。  →メンテナンスって何やるの? なぜ必要なの? という方へ、詳しくはこちら

     

     

     

     

  • vol.12 当院の根管治療が「精密」である 5つの理由とは?

     

    当院の根管治療が精密である理由について、実際の症例に照らし合わせてご紹介いたします。

    ある30代女性患者さんの症例です。鼻の横あたりにズキズキする痛みを感じ、歯肉の腫れも気になっていたため、一度、他院を受診され治療したが痛みがとれず、その後も1週間ほど同様の痛みが続いていたとのこと。さすがに我慢も限界がきて、インターネットで当院を調べられて受診された患者さんのケースです。

     

    精密な理由① 当院ではCT(3次元診断)がアタリマエ

    まず当院では、通常のレントゲン(2次元診断)と、CT(断層撮影レントゲン)による3次元診断の両方を行っております。CTを診断に使う理由は単純で、3次元には2次元では気づけない情報を得ることができるためです。術者としても、患部の状況を正確に把握することができるため、憶測ではなく確実な治療ができるためでもあります。

     

     

    CT(3次元診断)で、予想を遥かに超えて『大きく溶けた骨の感染状況』が判明

    30代女性の症例では、2次元レントゲンでの診断で「根の先端部の骨が細菌感染して骨が大きく溶けている」ことが判明しておりました。それから、CT(3次元診断)で、痛みのある骨周辺部を【前後の断層画像】【左右の断層画像】【水平の断層画像】で、立体的に診査したところ、「前側(唇側)の骨が完全に溶けていること」を確認しました。想定していたよりもかなり広範囲に感染が広がっている状況を正確に把握できたのはCT(3次元診断)があったからこそです。

     

     

     

    精密な理由② 2種類の根管治療の用意がある

    このように根の先端部で細菌感染を起こしている場合、まず「根の治療(根管治療)」が必要になります。当院では、2種類の根管治療のご用意があり、治療法を選択できます。1つは通常の根管治療で、もう1つは外科的な根管治療です。

    当院では、根管治療といえど選択肢が1つではなく、選択肢が2つ以上ある中で、患者さまの患部の状況やご希望にあわせた治療計画を一緒に検討できるのは患者さまにとってのメリットになるかと思います。

    30代女性のケースでは、まず身体への負担の少ない通常通りの根管治療を実施してみて、改善が見られない場合は次の選択肢「外科治療」に進む。という二段構えの治療計画を立てて、根管治療を開始しました。

     

     

    精密な理由③ すべての根管治療で100%マイクロスコープを使用

    まずは通常通りの根管治療を実施しました。当院ではすべての根管治療で歯科用マイクロスコープを100%使用して治療をしております。100%使用できる理由は、院内に4台のマイクロスコープを導入しており、全歯科医師がしっかりと顕微鏡診療の研鑽を積んでいるためであります。

    30代女性のケースでは、通常通りの根管治療をマイクロスコープを使い実施し、暫く経過をみましたが、感染部位が広範囲であるためか依然痛みがとれず、CTで再度確認をしてみましたが、著しく治癒がみられませんでした。そのため、当初の計画どおりに、治療第二弾の外科処置に移行することになりました。

     

     

    精密な理由④ 外科処置にも2つの治療の選択肢がある

    さて当院には、外科治療にも「歯根端切除術」と「歯の移植」の2つの治療法のご用意があります。

    歯根端切除術とは?(厚生労働省 e-ヘルスネット)

    歯の移植とは?(日本歯科医師会ホームページ〉

    今回は「歯根端切除術」を選択されました。もちろんマイクロスコープを使った外科処置です。外科治療後、腫れも痛みもなくなり、30代女性の素敵な笑顔をやっと見ることができました。

     

    外科処置から3ヶ月後、骨の回復を確認できた

    外科処置をしてから3ヶ月後、治癒状況の確認のためCTで再度確認を行ったところ、骨が大きく溶けてポッカリと穴があいていた部分に、骨が回復しているのを確認できました。(以下、画像参照)

     

    精密な理由⑤ 保険適用だから、全ての方が精密治療を受けられる

    マイクロスコープ、CT撮影、歯根端・・・、移植・・・、

    皆様にとっては、あまり聞き馴染みがない言葉ですよね。

    聞き慣れないためか、

    皆さん、言葉だけ聞いて「どうせ保険がきかないんでしょ?」と判断されて、

    「すべて保険診療でできる」とカウンセリングでお伝えすると、

    皆さん口を揃えて驚かれます。

    精密な治療を保険で受けていただけるので安心してご来院ください。

    特に土台の治療はとても大切です。精密な治療をできる医院を選択されてください。

     

    まとめ 当院の根管治療が精密な5つの理由

    1、すべての根管治療で100%マイクロスコープを使用

    2、CT(断層撮影レントゲン)で、骨の中を3次元診断できる

    3、通常治療と外科治療の2種類ある

    4、外科処置は、歯根端切除術と歯の移植の2種類あり

    5、根管治療すべて保険診療。CT、マイクロスコープも保険内で実施

     

    「歯ぐきが痛い」「歯茎が腫れた」「膿みが出る」時は、根管治療が必要かもしれません。

    保険で精密な根管治療のできる、当院へご相談ください。

     

    無料カウンセリングのお申し込みは、こちら

     

     

     

     

  • vol.11 歯の移植(親知らずの歯を、反対の奥歯に移植して喜ばれた症例)

    奥歯の激痛と歯肉の腫れは、歯根破折が原因だった。

    奥歯の激痛と歯肉の腫れを訴えて30代の男性が来院されました。

    さっそくレントゲンを撮り、痛みの箇所を診てみると、2本ある歯根の奥側の根が、縦に割れています。歯根の破折に伴い、根の先の周りに細菌感染を起こし、骨が溶けているのがわかりました。これが痛みと腫れの原因でした。

    保存不可能だったが、自分の歯を「再利用する治療法」を提案

    まず初めにできる限り「歯を残せる方法があるか否か」を検討するのですが、今回、歯根が大きく破折してしまっている状態だったため診断結果は「保存不可能」でした。

    保存不可能なためこの歯は「抜歯する」しか選択肢がなかったのですが、治療計画を検討する中で、反対側に親知らずがあったため、この「親知らずの歯」を移植すれば、自分の歯として再利用できる治療法があることを提案し、患者さまの希望で「歯の移植治療」をすることになりました。

    親知らずの歯の移植(歯牙移植)

    主訴の部位の歯を抜歯し、その場所に、反対側から親知らずの歯を抜いて移植しました。下図右側の画像を参照。

     

    移植後2〜3週間で根が定着。根管治療を実施しました。

    移植して2〜3週間で、根と周囲の細胞とが定着し始めます。移植した親知らずの歯は、一度抜歯したため根が死んでしまっています。そのため、このタイミングで歯科用マイクロスコープを使い、根管治療を実施します。

    根の定着は始まっていますが、根の周りに黒い部分(透過像)が見えているように、骨ままだまだ回復していない状態です。根管治療をした後、3ヶ月くらい時間をおいてから上物の歯をつくっていきます。

     

    歯を移植して3年経過。骨は再生し予後順調。

    移植後は、治療箇所の経過観察とお口の中のクリーニングのために、3〜4ヶ月に1回のペースで定期メンテナンスに通っていただいております。移植した歯の”根の周囲”に注目して「移植後3Week後」と「移植後3年後」の画像を比較して見てみると、根の周りにあった黒い部分(透過像)がなくなり、歯のまわりの骨が再生しているのがわかります。

    そして30代男性患者さんからは、アーモンドやせんべいなどの固いものもしっかり食べられると嬉しいお話をいただきました。

    歯の移植治療(歯牙移植)は、保険診療です。

    歯の移植治療は、どこの歯科医院でもできるわけではありません。むしろ珍しいため、患者さまに歯の移植治療のご提案をすると「そんなことができるんですか?」と驚かれることが多々あります。同時にあまり聴いたことがないため、「自由診療ではないか?」という先入観をもたれることもあるのですが、歯の移植治療は、保険診療で行うことができます。

    もちろん移植できる歯があることが大前提ですが、ご興味がございましたらぜひ一度ご相談ください。

  • vol.10 当院では、保険治療で「CT診断・マイクロスコープ精密治療・歯根端切除術」ができます。

    他院で抜歯をすすめられ、当院を受診された40代女性の症例

    15年以上前に根菅治療をした箇所が、腫れと痛みを繰り返しているという40代の女性患者さんが来院されました。当院に来院される前に、一度、他院を受診されたところ「抜歯を勧められた」ため患者様としては納得できず、セカンドオピニオンとして当院を受診されました。
    早速レントゲンで確認をすると、上顎の前歯の歯ぐきに大きな黒い影が見えて、病変の大きさを確認できました。この部分が腫れと痛みを繰り返している原因です。

    当院のドクターが、レントゲンから診断した結果・・・。

    当院のドクターが、レントゲンから次の5点が明らかになり診断できました。①内部に膿が溜まり、骨が大きく溶けているのを確認  ②過去の治療では、根管の先端まで治療がされていない  ③土台の下に残っていた病変が、感染源になっている  ④感染源となっている根管の先端の治療をする必要がある  ⑤治療で土台を外す際に、歯が割れてしまうリスクが高い。 
    このような状況がわかり、先に受診された歯医者さんでは、歯が割れるリスクがあるため抜歯を提案された経緯がよくわかりました。誤解のないようにお伝えすると、前医院の先生の「抜歯の選択」は決して間違いではありません。ごく一般的な診療をされている歯医者さんでは、ほぼ同じような治療選択を提案されるケースだからです。

    CT検査で、別の角度からも「歯ぐきの状態」を調べてみたところ・・・。

    治療方法を考える上では、さらに歯ぐきの骨の状態を詳しく知る必要があるため、CTを使い、別の角度からも歯ぐきの状態を確認してみました(レントゲンは前方向からの平面的な画像のため)。すると次のような状況がわかりました。【CTで診断できたこと】 ①正面側の骨が溶けて完全になくなっている部分がある  ②レントゲンで確認するよりも、溶けている骨の範囲が大きい 

    歯根端切除術が一番リスクが少なく。保険治療でできる。

    患部の状況が把握できたため、当院に於いては、「歯根端切除術」を使った根管治療がベストと判断したため、患者さんにご提案いたしました。歯根端切除術を提案する理由を整理すると次の4つになります。①一般的な治療通りに、上から被せ物と土台を取り除いてから、根管の先端を治療する場合は、土台を外す際に歯が割れてしまうリスクがあり、歯が割れてしまったら、それこそ抜歯することになってしまうため。 ②正面側の骨がほぼなくなっている状態のため、患者さん外科手術の負担が少なくてすむこと。 ③根管先端部からマイクロスコープを使った視野下で精密治療ができること。 ④保険治療でできること。です。

    そもそも歯根端切除術とは? https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/teeth/yh-027.html (厚生労働省 e-ヘルスネット参照)

    治療のビフォー・アフター

    歯根端切除術を実施し、根管先端側から超音波チップで根管内部を洗浄して、お薬を詰めて根管内部を殺菌して治療を実施しました。その後、【画像:治療から1年後の状態】です。黒い影(病変)が小さくなり、根の先に骨が回復してきているのがわかります。治療できちんと感染源を取り除くことができている証です。

     

    治療から3年経過した状態を確認

    治療後、継続的にメンテナンスに通っていただいていますが、以下は3年後の状態です。1年後から比べて、根の先端周辺部の骨は完全に回復し再生されていて、黒い部分は更に小さくなりました。すでに正常な健康状態に回復されていました。この時点で、黒く残っている箇所は、骨が回復する中で残った空洞で、骨が溶けた名残です。健康上は問題ありません。

    CT検査、マイクロスコープの精密根管治療、歯根端切除術は、当院ではすべて保険治療です。

    このように当院では、マイクロスコープを使った精密な根管治療や、CTを使った診断、また歯根端切除術も、すべて保険治療で行えます。またセカンドオピニオンにも対応し、無料カウンセリングも実施しています。もしかしたら、今回のように「抜歯」と言われた歯も当院でしたら残せる歯もあるかもしれません。まずはお気軽にご相談ください。

     

  • vol.9 え、また?同じところの根の治療のやり直し?本当に必要なの?

    みなさんには、こんな経験はありませんか? 

    歯医者さんに治療に行ったら、以前に治療をした歯の「根の治療のやり直し」を提案された経験はありませんか?

    そのときに「痛みもないのに、それって本当に必要な治療なの?」と思ったことはありませんか?

     

    根の再治療を提案するタイミングとは? 

    歯科医療者の目線からお伝えすると、根の再治療は、新たに被せ物などを入れる前に、根の中が見えるタイミングでご提案することが多くなります。

    実際に当院でもレントゲンを見た際に、キレイに根管治療ができていなかったり、根の先に膿がたまっているなど、予後に不安を感じてしまう場合には、根の再治療をご提案するケースがございます。

     

    根のトラブルは、被せたセラミックの歯も共倒れになるリスクがある。

    根管治療の処置が心配な歯の上に、セラミックなどの高価な被せ物をつくろうとする場合は、とても予後が心配になります。根管治療がしっかり出来ていないと、根の先に膿が溜まったり、歯肉が炎症を起こして腫れたりする場合があります。その場合は、根の再治療をするために上に被せたセラミックも一緒に取らなければならなくなります。まだ長持ちするはずだったセラミックの被せ物や詰め物も外し、根の治療をしてからまた新たに被せ物を新製するのは、患者さんの気持ちになるととても心苦しいのです。(セラミックを外さないで、外科手術を選択できるケースもございますが、患者さんのお身体に負担をかけることになります。)患者さんにそのリスクを負わせたくないため、歯科医院では、被せ物の治療をする際に、根管治療も一緒にご提案する場合があるのです。

     

    50代・女性患者さん「根尖病巣で、根を再治療した例」

    実際に、こちらの50代・女性患者さんは、被せ物を装着した後に2年してから、根の先に「根尖病巣」ができてしまい再治療をすることになりました。このように後々、患者さんに費用面での負担や、体力面での負担がかかってしまうことをなるべく防ぎたいと思うのです。

     

    きちんと説明。同意の上で診療を進めます。

    しかし歯科医師が説明不足だと、往々にして患者さんからは「治療を余計にやって多く代金を取ろうとしているのではないか?」とか、「治療を引き延ばせてボッタくろうとしているのではないか?」などと疑念をもたれてしまうことが少なくありません。しかし、当院ではそのような患者利益に反することは絶対に行いません。きちんと説明をさし上げた上で、同意の上で診療を進めておりますので、安心して診療をお受けいただければと思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

  • vol.8 「奥歯が膿んでしまう。原因を知りたい」60代女性の症例

    数年前に、他医院で治療したブリッジ

    数年前に他院にて治療した奥歯のブリッジが、今までにない痛みとなり、膿と腫れがひどくなったため、市販の痛み止めに頼り、数日間クスリを飲み続けていた60代の女性患者さんのケース。

     

    治療した歯科医院を受診したが、経過観察と言われた

    治療した歯科医院を受診したところ、

    抗生物質の処方のみで、経過観察と言われ、

    納得のいく回答をいただけなかったため

    当院を受診されたとのことでした。

    経過観察が妥当なのか? 

    他の治療方法等があるのか?

    とにかく詳細な検査をして

    原因を知りたいとの希望でした。

     

     

    レントゲンで見ると、4番目の歯ぐきが炎症

     

    マイクロスコープで根を見ると、根が割れていた。

    口腔内診査とレントゲンからは原因が特定できず、ブリッジを外して、マイクロスコープで根の中を確認すると、根にヒビが入り割れているのを確認。腫れと膿みと痛みの原因が特定できました。

     

    肉眼の24倍の拡大率で、きちんと原因特定できたケース

    もちろんすべてのケースが、マイクロスコープで解決できるわけではありません。しかし、肉眼以上に細部まで拡大して見ることができるため、これまで肉眼で見落としていた原因を見つけることができる確率は格段にあがります。

     

     

     

     

     

     

  • vol.7 根管治療「折れたファイルの撤去」40代女性の症例

    もともと、他の主訴で来院された40代女性患者さん

    レントゲンを撮影した時に、

    過去の治療で、根の中に取り残されたままの根管治療器具(歯科用ファイル)が写っており、

    患者さんの希望により取り除くことになりました。

     

    レントゲン画像と、実際画像

    下図左:レントゲンでは、横から撮影しているため、白く細く長く写っています。

    下図右:マイクロスコープ24倍で、上から見た画像は、歯質の中に、金属の破折断面が点で見えます。

     

    超音波で振動を与えながら、浮かせて取り除く

    歯の中に取り残されていた、破折した根管治療器具(歯科用ファイル)が

    少しずつ抜けてきたところです。

    写真は高倍率のため、大きく見えますが、

    実際には針の先端ほどの細さです。

    そのため、裸眼では見えません。

    取り除くには、

    やはりマイクロスコープ(手術用拡大鏡)を使用して

    拡大倍率での視野下が必須になります。

     

     

     

     

     

  • vol.6 根管内は細く曲がりクネっている

     

    根管内は、とにかく狭い!細い!

    指先よりも小さい

    歯の根の中(根菅)ですから、

    狭いのは当然ですね。

    その中は、針の先のように細く

    先端付近は毛細血管のように

    曲がりくねっていることもあります。下図参照

     

    微細な環境下での治療だから、マイクロスコープは必須

    歯の根の治療とは、

    このような微細な環境下での治療になりますから、

    やはり肉眼では当然見えないですし、

    指先の感覚だけを頼りにしての治療には限界があります。

    歯科用のマイクロスコープが誕生した今日、

    根幹治療は、やはりマイクロスコープを導入している

    歯科医院での治療をオススメいたします。

     

     

     

     

  • vol.5 隣の歯の「ギザギザしているモノ」見えますか? 60代男性の症例

    レントゲン画像より、もう1つ気になった箇所

    右上の奥から2番目の歯(第一大臼歯)の治療のために

    来院された60代の男性患者さん。

    デジタルレントゲンをお見せしながら現状を説明をし終えた。

     

    そしてレントゲンを見て、もう1つ気になった箇所があった。

    主訴ではなかったが、患者さんのためには

    それもお伝えしておいたほうがいいと思った。

     

    ここに、ギザギザした白いモノみえますか?

    患者さんに指をさして見せたのは、治療する歯の「隣の歯」

    隣の歯の根っこの先端に「ギザギザした針のような白いモノみえますか?」

    私の指の先に、男性患者さんの目は釘付けになった。

    患者さん「コレはナニ?」

    「これは恐らく、以前治療した時に、治療途中で折れて取れなくなってしまった根の治療で使う器具だと思われます。」と伝えた。実物をお見せすると、患者さんは急に不安そうな顔になられた。

    患者さん「このままで大丈夫なの?」

    「根管治療ではよくあるケースで、滅菌して使用される器具なので、今のところ問題は起きていないのでこのままでも大丈夫ですが、気になるようでしたら、当院ならマイクロスコープがあるので、それを使って取ることもできますが、取りますか?」

    患者さん「取ってもらいたいです。」

    主訴の治療と一緒に、

    隣の歯の根の治療にも着手することになりました。

     

    根の中に取り残された、折れた治療器具の撤去開始!

    従来の歯科の常識では、

    根管治療を裸眼で実施していたため、

    万が一、治療器具が折れた場合に

    裸眼では「どうしても見えなかった」ため、

    放置するしかありませんでした。

     

    しかし、マイクロスコープ(手術用拡大鏡)を使用することで、

    裸眼では絶対に見えなかったものが見えるようになり

    より精密な治療ができるようになりました。

     

    マイクロスコープ24倍なら、こんなによく見える!

    マイクロスコープ・拡大率24倍なら、

    根の中で折れた、針の先ほどの治療器具も、

    下記写真のように見えるので、

    取り残された治療器具の撤去が可能です。

    精密な治療をお望みなら、マイクロスコープのある当院へ

    当院では、保険適用内で、マイクロスコープを使用して、

    精度や品質にこだわりをもった治療を行っております。

    近年になり、やっと導入する歯科が増えてきましたが、

    まだまだ一般歯科では浸透していない状況です。

     

    「抜歯が必要!」「根の治療が必要!」と言われた。

    「歯ぐきが腫れて痛い!」

    こんなときには、

    マイクロスコープ治療を導入している当院に、お気軽にご相談ください。

     

     

     

     

     

     

     

     

  • vol.4 肉眼では見れない、マイクロスコープから見える極小世界

    マイクロスコープから見える、極小世界

    マイクロスコープを使って、歯の根管の中を見ると、

    下図のようによく見えます。

    私も長く歯科医師を続けてきましたが、これは肉眼では絶対に見れない情景です。

     

    アメリカでは、根管治療の専門医はマイクロスコープがないと治療できない。

    歯の根管は、狭い口の中にあり、小さい歯の中にある極小の世界。

    アメリカ国で根管治療を行う専門医は、

    マイクロスコープ(手術用顕微鏡)がないと治療をすることができないというのが実情です。

    そのため当院では、著しく成功率を高くしている北米・特に先取性の高い西海岸のシステムを導入しております。

    治療する歯を、再治療なく、長持ちさせるためには、

    土台となる根管治療は、より精密であることが望ましいです。

    マイクロスコープを使った根管治療をしている歯科医院への受診をオススメいたします。

     

     

     

     

     

     

PAGETOP