精密根管治療ブログ

  • vol.7 根管治療「折れたファイルの撤去」40代女性の症例

    もともと、他の主訴で来院された40代女性患者さん

    レントゲンを撮影した時に、

    過去の治療で、根の中に取り残されたままの根管治療器具(歯科用ファイル)が写っており、

    患者さんの希望により取り除くことになりました。

     

    レントゲン画像と、実際画像

    下図左:レントゲンでは、横から撮影しているため、白く細く長く写っています。

    下図右:マイクロスコープ24倍で、上から見た画像は、歯質の中に、金属の破折断面が点で見えます。

     

    超音波で振動を与えながら、浮かせて取り除く

    歯の中に取り残されていた、破折した根管治療器具(歯科用ファイル)が

    少しずつ抜けてきたところです。

    写真は高倍率のため、大きく見えますが、

    実際には針の先端ほどの細さです。

    そのため、裸眼では見えません。

    取り除くには、

    やはりマイクロスコープ(手術用拡大鏡)を使用して

    拡大倍率での視野下が必須になります。

     

     

     

     

     

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
03-5935-8484
平日9:30-13:00 / 14:30-19:30(最終受付18:30)
土曜9:30-13:00 / 14:00-17:00(最終受付16:00)
休診:日・祝
診療予約 無料メール相談 無料カウンセリング
診療時間表
▼土曜午後は14:00-17:00

大泉学園地図
〒178-0063 東京都練馬区東大泉1-37-7
ドラゴンスクエアビル3F
西武池袋線「大泉学園駅」徒歩2分
タイムズご利用の方はサービス駐車券を発行致します
(上限30分まで)。駐車証明書を必ずお持ち下さい。

・東大泉第2 ・東大泉3丁目第4 ・大泉学園駅前第5
・大泉学園駅南口 ・東大泉北野神社前
の5カ所が提携タイムズです。
駐車場案内⇒詳しくはこちら

PAGETOP