メインテナンス・予防歯科

PMTC
▲当院のクリーニングの様子

従来の、「痛くなったら治療する」という考え方とは異なり、「お口の健康を維持する」ことを目的として、定期的に歯科医院を来院される患者さんが増えています。

「治療をしたはずの歯が何度もむし歯になってしまう」「ブラッシングをしているはずなのに、むし歯になりやすい」「口臭が気になる」といったお悩みがある方には、クリーニングにより歯肉の中に隠れた歯石やプラークを除去することで、さまざまなトラブルを未然に防ぐことにつながります。

当医院では専任の衛生士が3ヶ月に1度、歯科医院で清掃することで、むし歯や歯周病から守り、生涯ご自分の歯で噛めるようにするためのお手伝いをいたします。

虫歯・歯周病で歯を失いたくない!

「年をとったら(老化現象で)歯は失われていくものだ」と思っておられる方がたくさんいらっしゃると思います。実際に今の日本の現状ではその通りです。厚生労働省による平成23年歯科疾患実態調査では、80歳の方の平均残存歯数はたったの9.8本しかありません。年々、歯の残存数は増加していますが、日本に次ぐ世界第二の長寿国スウェーデンの80歳の歯の残存数は、20本と日本の2倍近い数字です。

各国の80歳の平均残存歯数

平均残存歯数

では、予防先進国はどのようにして、歯を残しているのでしょうか?その答えが1~3か月に1回、定期的に歯科医院でメインテナンスを受けることなのです。欧米では、治療ではなく、このメインテナンスに力を入れたことによって、国民の平均残存歯数が飛躍的に向上したのです。

「メインテナンスで歯科医院に行く」が常識の欧米諸国

スウェーデンでは、常に予防歯科を受けて歯を大切にしており、歯医者は治療のためでなく、歯の汚れを除去し、歯や歯肉の健康チェックという予防のため(メインテナンス)に歯医者に行くのが普通と考えているからです。
これはアメリカやヨーロッパ各国も同じです。
一方、次のグラフを見るとわかるように、日本人のメインテナンス率はわずか2%です。
ケアに対する違いが、同じ長寿国でもしっかりとした歯を持ち続けるスウェーデンの人たちと、私たち日本人との大きな差になって現れています。

各国のメインテナンスを受けている人の割合

メインテナンスを受けている人の割合

以下のグラフのようにメインテナンスをきちんと受けた方と受けなかった方とでは80歳になったときに約9本もの差がついているのです。

一人平均残存歯数の比較

予防・メンテナンスプログラムについて

歯科衛生士
▲専任の歯科衛生士によるサポート

当院は、むし歯や歯周病になってから治療するよりも、お口の健康を維持することで「むし歯や歯周病にならないことがベスト」と考え、「予防」に力を入れています。

そこで、専任の歯科衛生士による、口腔全体の予防プログラムをご用意しております。患者さんのお口の健康をサポートするため、むし歯や歯周病の効果的な予防についてご説明し、治療後のお口の健康もしっかりと支えていきます。

唾液検査(虫歯リスクテスト)

唾液検査

「毎日歯磨きをしているのに虫歯になってしまった」
「あまり歯磨きをしないのに、虫歯になったことがない」
など、なぜこのような差が出るのか疑問に思ったことはありませんか?
それは自分自身がもっている虫歯菌の数や、唾液の性質、食生活や生活習慣によって、一人ひとり虫歯になる原因が違うからです。

ただ単に歯磨きをしないから虫歯になるというわけではないのです。
自分が虫歯になってしまう原因は何なのか・・・
それを調べるために行うのが唾液検査です。

唾液分泌量

唾液には抗菌作用や洗浄作用などがあり、分泌量が多い程、虫歯のリスクは低くなります。
歯の表面で食事のたびに繰り返される脱灰、再石灰化、フッ素イオンの供給は唾液を介して行われます。充分な唾液が存在することでエナメル質の健康が保たれるのです。

唾液緩衝能

唾液緩衝能

プラーク中の虫歯菌が作り出した「酸」を中和する働きを緩衝作用といいます。虫歯菌の出す酸によって、酸性(虫歯になりやすい状態)になった口の中を、唾液の力でどれくらい中性(虫歯になりにくい状態)に戻すことができるかを調べます。

唾液の中に酸を中和する物質を多く含んでいると強い緩衝能を発揮し、再石灰化を促進させます。

ミュータンス菌数

ミュータンス菌数

虫歯をつくる菌です

食べ物に含まれる糖や炭水化物を分解して強い酸を出します。
歯にベタベタと付着する不溶性グルカンを出し、酸性の環境でもどんどん増えてゆきます。
数が多いほど、虫歯になるリスクが高くなります。

ラクトバチラス菌数

ラクトバチラス菌数

虫歯を進行させる菌です

生息する場所は限られますが、住み着くと食べ物に含まれる糖や炭水化物を分解して強い酸を出します。
糖濃度の高い食べ物の飲食回数が多かったり、口の中が不潔だったりするとドンドン増えてゆきます。
数が多いほど、虫歯の進行が早くなります。

PMTCは虫歯や歯周病を再発させないための一番の予防法

PMTC~プロによる歯のクリーニング~ を行います~

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、シリコンラバーの器具やペーストを用いて、歯の表面に付着したバイオフィルムを除去するクリーニング方法です。この方法を用いれば、歯の表面はもちろんのこと、歯と歯肉の境の中に付着したプラークを除去することができます。

また、歯面がツルツルに磨かれることにより、プラークがつきにくくなる効果もあります。歯石の除去だけでは、歯の表面がざらざらしているのでプラーク(歯垢)や歯石が再付着しやすいです。定期的にプロのスタッフによってツルツルに磨きあげること(PMTC)により、プラークがつきにくくなる効果もあります。

カップやチップを用いたPMTC

  • ラバーチップ
    ▲ラバーチップ
  • ラバーカップ
    ▲ラバーカップ
  • 使い捨て
    ▲使い捨てタイプを使用します

専用のラバーカップやチップなどを低速回転で歯をツルツルに磨き上げていきます。
車で例えると、コンパウンドをかけて細かい傷をとることで、汚れがつきにくくなるようなかんじです。当クリニックでは、状態に応じて様々な研磨ペーストを使用いたします。

バイオフィルムとは

バイオフィルム
▲バイオフィルムのイメージ

細菌が作り出す粘着力の強い保護膜(バリア)で、殺菌剤や抗菌剤から細菌を守る役目を果たし、それによって歯ブラシでは取りづらくなります。

身近で観察できるのが排水口にあるヌメリです。このバイオフィルムを放置しておくと、細菌はその中で繁殖し、むし歯の原因になってしまいます。

ですので、これを機械的に歯科医院で取り除くことが重要になります。また、このバイオフィルムは1度、破壊しても、また3ヶ月程度で形成されるというデータが出ていることから定期的なメインテナンスが大切になります。

歯石除去

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
03-5935-8484
平日9:30-13:00 / 14:30-20:00(最終受付18:30)
土曜9:30-13:00 / 14:00-17:00(最終受付16:00)
休診:日・祝
診療予約 無料メール相談 無料カウンセリング
診療時間表
▼土曜は9:30-13:00 / 14:00-17:00

練馬区 地図
〒178-0063 東京都練馬区東大泉1-37-12 豊月堂ビル3F
西武池袋線「大泉学園駅」徒歩2分
タイムズご利用の方はサービス駐車券を発行致します
(上限30分まで)。駐車証明書を必ずお持ち下さい。

PAGETOP