オールセラミッククラウン

審美歯科におけるセラミック治療で代表的な方法が、セラミッククラウンによるかぶせ物です。
ここでは、当院で扱っている代表的なセラミックのかぶせ物について紹介してきます。

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン
▲オールセラミッククラウン

内側から外側まで全てセラミックで出来たクラウンです。

冠の内側に金属を使わないので、メタルボンドより透明感があり、
金属アレルギーの方に最適です。

当院では、人工ダイヤモンド素材のジルコニアセラミックや、最近話題のセラミックシステム「e.max(イーマックス)」による丈夫でキレイなセラミック素材を使用し、オールセラミッククラウンによる修復を行っています。

メタルボンドクラウン

メタルボンド
▲内側が金属

金属のキャップにセラミックを焼き付けたものです。歯の透明感が再現しやすく、変色しません。

オールセラミッククラウンが登場しるまでは、主流となっていたセラミッククラウンの一つです。歯の土台にピッタリとフィットするため、今現在でもよく出ているクラウンです。

ハイブリッド・クラウン

ハイブリッド・クラウン
▲ハイブリッド・クラウン

ハイブリッドセラミックスという材料で作られたクラウンです。かみ合う歯(対合歯)に負担がかからず擦り減らないという利点があります。

セラミックと名は付いていますが、素材は有機ガラスとプラスチックの混合物なので長期使用によりやや変色します。

ゴールドクラウン

ゴールドクラウン
▲ゴールドクラウン

金を使いますので、白い歯にはならないので審美歯科の部類には入らないのですが、良く出る素材なのでご紹介いたします。

材料は金合金(20K)で強度が高く、歯に良くフィットします。保険の金属に比べ、腐食しにくく、噛みあわせの強い方には有効です。金属色なので、見た目が気になる所には不向きですが、見た目の点を除けば、金は大変優良な材料と言えます。

神経を取った歯、変色した歯に対して

ファイバーコア

ファイバーコア
▲左:ファイバーコア

ファイバーポスト素材で作られた歯の土台です。神経が死んで黒くなったり過去の虫歯治療で神経がない方は、この土台が必要になる場合があります。

ハイブリッドクラウンやオールセラミックスの支柱に用いることで、より天然歯に近い歯に見せることができます。材料の特性により、装着後に歯の根が割れにくくなります。

ブリッジ

ブリッジ
▲セラミック製のブリッジ

セラミックのかぶせ物は、上記のような素材を用いて、連結したかぶせ物、いわゆるブリッジにも応用されます。

ブリッジの調子がよくない、見た目がキレイでなく満足されない、等の方はセラミックのキレイなブリッジのやり変えを行っております。

以上、セラミッククラウンは、歯やお口の状態により、人それぞれ治療方法が異なります。
まずはお口の中を拝見、診断しまして、その方に合った最善の治療方法を選択いたします。
お気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
03-5935-8484
平日9:30-13:00 / 14:30-20:00(最終受付18:30)
土曜9:30-13:00 / 14:00-17:00(最終受付16:00)
休診:日・祝
診療予約 無料メール相談 無料カウンセリング
診療時間表
▼土曜は9:30-13:00 / 14:00-17:00

練馬区 地図
〒178-0063 東京都練馬区東大泉1-37-12 豊月堂ビル3F
西武池袋線「大泉学園駅」徒歩2分
タイムズご利用の方はサービス駐車券を発行致します
(上限30分まで)。駐車証明書を必ずお持ち下さい。

PAGETOP