症例

  • クラウンレングスニングによる補綴治療との併用インプラント

    前歯

    上顎

    下顎

    50代後半の男性です。インプラントを希望されていた患者さんです。入れ歯をされていましたが、咬み合わせが低く、入れ歯を入れるスペースがやっとの状態、下の前歯4本もその影響ですり減っていました。クラウンレングスニング(歯冠長延長術)という術式を用い、外科的に歯頸部を下げて補綴治療を行っています。

PAGETOP